S&P500とNASDAQ100の違い【どちらを買うべきかも考察】

S&P500とNASDAQ100の違い

米国投資をするときにS&P500とNASDAQ100についてはどちらを買うべきか悩む人も多いのでは。

両者の指標の違いとこれらの指標に連動する投資信託やETFがどこで買えるのかやどんな人にどちらの指標がおすすめなのかをまとめました。

僕は現在S&P500のみを長期保有前提で毎月コツコツ積み立てしていますが、値下がりタイミングを見てNASDAQ100も不定期で勝っていくことを検討しています。

この記事を見て、どちらの指標に連動する投資信託・ETFを買おうか悩んでいる人の問題が解決できればうれしいです。

S&P500とNASDAQ100の違い

特徴

S&P500とNASDAQ100は双方ともに米国を代表する指数ですが、特徴がそれぞれ異なります。

下記に特徴をまとめました。

S&P500米国の金融取引所(NYSEとNASDAQ)に上場している代表的な大型株500銘柄
NASDAQ100NASDAQ株式市場に上場する大型株100銘柄
S&P500とNASDAQ100の特徴

銘柄数指標の名前の通り、S&P500は約500銘柄に対しNASDAQ100は100銘柄と大きな差があります。

S&P500は米国金融取引所全体から選出していてNASDAQ100はNASDAQに上場している企業の中から選定しているので選出しているマーケットが異なります。

図解すると下記のようなイメージです。

S&P500とNASDAQ100の対象金融市場の違いイメージ図

S&P500とNASDAQ100の両方に含まれているものもありますし、NASDAQの方が100銘柄と少ないですがS&P500では取り上げられていない企業もあります。

これらは選定基準の違いや対象としている取引市場の違いが理由です。

選定基準

S&P500とNASDAQ100では選定基準が異なります。

S&P500もNASDAQ100もかなり厳しい基準が設けられています。

S&P500米国企業であること
・時価総額が131億ドル以上
・浮動株が発行済み株式総数の50%以上
・4期連続で黒字であること
NASDAQ100・NASDAQに上場している時価総額上位100銘柄
・金融関連企業ではないこと
・126位以下は除外
・101~125位の場合は前年100位以内であれば残留
S&P500とNASDAQ100の選定基準※2021年9月時点※

S&P500は基準を満たしているからと言って例えば利益の構成比率などを見て適切ではないという判断がされれば基準の中に入れなかったりするのでけっこう厳しいです。

また、時価総額の基準は2021年に上限が引き上げられています。

米国市場全体がさらに成長していけば今後も基準となる時価総額の上限が引き上げられることも想定されますね。

NASDAQ100の方は黒字かどうかに関係が無く時価総額TOP100銘柄に選定されていれば問題ないです。

また、101~126位の場合、前年100位以内であれば残留というルールがあるので必ずしも100銘柄というわけではなく時期によって数銘柄多い場合もしばしばあります。

2021年9月時点だと102銘柄のようです。

主要業種

NASDAQ100は金融関連企業が除外されていることと100銘柄という縛りもあって情報技術関連に寄っています。

後述していますが、FAANGMと呼ばれる、facebook/AMAZON/Apple/NetFlix/Google/MicrosoftはNASDAQに上場しており新興企業はNASDAQに上場するケースが多いため情報技術関連が多くなっています。

S&P500Information Technology 27.9%
Health Care 13.4%
Consumer Discretionary 11.9%
NASDAQ100Information Technology 48.9%
Communication Searvices 19.5%
Consumer Discretionary 17.4%
S&P500とNASDAQ100の主要業種TOP3※2021年9月時点※

FAANGMの比率

FAANGMとはfacebook/Amazon/Apple/Netflix/Google/Microsoftの頭文字を取ったもの。

どの企業も2021年9月時点ではネットフリックス以外は世界のTOP10に入る時価総額を誇る企業で米国が誇るテック企業です。

どちらの指標にもこのFAANGMが採用されていますがそれぞれの比率が異なります。

S&P500約25%
NASDAQ100約38%
S&P500とNASDAQ100のFAANGM比率※2021年9月時点※

割合が大きければ大きいほどパフォーマンスはFAANGMの業績に良くも悪くも左右されます。

パフォーマンス

NASDAQ100のパフォーマンスはS&P500をかなり上回って推移しています。

これはFAANGMのパフォーマンスがこの期間でかなり好調だったこととS&P500の複数セクターが足を引っ張っていることもあってなかなかS&P500が伸びていない形になっています。

NASDAQ100にしか選出されていない企業

S&P500は4期連続で黒字達成が必要となっていてテスラのような大企業でもなかなか入ることができず、比較的新興企業と言われて急成長を遂げた企業が入りづらいケースも存在します。

テスラは採用銘柄としては2020年12月時点で7番目の時価総額。

財務の健全性などの観点からなかなか採用されなかったことからもS&P500に入る基準は相当厳しいものだということが見て取れます。

米テスラは、12月21日にS&P500種株価指数の構成銘柄に一括採用される。時価総額5380億ドル(約56兆1200億円)の同社の指数採用は市場全体に影響を及ぼすことになる。S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスはテスラの時価総額の大きさを考慮し、一括採用とすべきか、異例の2段階に分けての採用にすべきかについて投資家からの意見を11月に入って募っていた。現在の時価総額を基にすると、テスラはS&P500種採用銘柄で7番目に大きな企業となる。

Bloomberg『テスラ、21日に一括でS&P500種採用-市場全体への影響必至』

では、実際どのような企業がNASDAQ100にしか採用されていないのでしょうか。

2021年9月時点での採用企業を独自に抜粋してみました。

21社あります。

それぞれ何の会社かわからなかったのでStrainerやBloomberg、公式サイトなどなどから概要の分かるものを拾ってきてかんたんにですが説明を入れました。

ZOOMはコロナの影響もあり大きく伸びてきましたがこういう企業がS&P500にはすぐに反映されることが無いかなという印象です。

また、米国以外のNASDAQに上場しているMercadoLibre Inc(アルゼンチン)、BAIDO(中国)などが含まれるのも特徴的です。

MercadoLibre Incアルゼンチン・ブエノスアイレスを拠点とする、ラテンアメリカ市場向けeコマースプラットフォーム
ASML Holding NV半導体製造装置メーカー。特にリソグラフ ィーによるチップ製造向け機械を開発・製造・販売する。世界各地で事業を展開。
Zoom Video Communications Incオンラインコミュニケーションを支援するツールZOOMを運営
JD.com Inc ADREコマース会社。中国で事業を展開。ウェブサイトおよ びモバイル・アプリケーションを通じて幅広い製品を提供
Atlassian Corp PLCソフトウェアの設計・開発・許可・保守、並びにソフトウェアのホスティングサービスの提供。日本だとConfluenceを会社で利用している人もいるかも。
DocuSign Inc電子署名ソリューションを提供するSaaS企業。電子契約サービスのパイオニア。
Lululemon Athletica Inc北アメリカのスポーツ衣料の小売業社である。アメリカ合衆国デラウェア州に本社を置き、カナダ・バンクーバーに本部を置く。
Crowdstrike Holdings Inc米国のサイバーセキュリティテクノロジー持株会社。子会社を通じて、SaaSサブスクリプションベースでサービスを提供。ファルコン(Falcon)というセキュリティ関連サービスが有名。
Workday Incさまざまな企業、教育機関、政府機関向けに設計された財務管理、人的資本管理、分析アプリケーションを提供
Marvell Technology Incデータインフラストラクチャ半導体ソリューションを提供
Keurig Dr Pepper Incカナダ及びメキシコにおけるノンアルコール飲料の統合型ブランド・オーナー、メーカーと販売業者
Baidu Inc ADR中国語インターネット検索サービスを提供日本だとキーボード変換アプリ『simeji』を運営している
Okta Inc米国のクラウド管理サービス企業。企業向けにID管理システムを提供し、様々な企業を統合化アプリに接続する
Pinduoduo Inc ADR電子商取引プラットフォームオペレータ。モバイル電子商取引プラットフォームであるPinduoduoを提供
Seagen Inc癌治療のための治療法の開発と商品化に焦点を置くバイオテクノロジー企業
Peloton Interactive Inc2020年6月30日時点で310万人以上の会員を擁するコミュニティを持つ、世界最大のインタラクティブフィットネスプラットフォームを運営する企業
Sirius XM Holdings Inc2つの衛星ラジオシステムを通じて、米国において音楽、スポーツ、エンターテインメント、コメディ、トーク、ニュース、交通、天気予報、インフォテイメントサービスを加入料ベースで送信
NetEase Inc ADRオンラインサービスを提供する中国のテクノロジー会社。Identity Vが有名
Splunk IncData-to-Everythingプラットフォームを通じてデータを行動につなげます。Splunkのテクノロジーは、データをあらゆる規模で調査、監視、分析、活用することを目的に設計されています。
Check Point Software Technologies LtdインターネットのファイアウォールとVPN製品で知られているセキュリティ製品製造を手掛ける企業
Trip.com Group Ltd ADR宿泊施設の予約、交通のチケット、パッケージツアー、企業の旅行管理を提供する中国の旅行サービス会社
S&P500にはなくNASDAQ100には採用されている会社一覧※2021年9月時点※

S&P500に投資できる金融商品は?

S&P500に投資できる金融商品をつみたてNISAで購入できる投資信託とETFそれぞれ紹介します。

これらの投資信託とETFは概楽天証券・SBI証券・マネックス証券のいずれかで購入可能です。

一部LINE証券でも購入できます。

まだネット証券の口座開設がまだな方は下記記事で各ネット証券のメリットデメリットをまとめているので興味がある方はこちらも読んでみてください。

僕は楽天・SBI・マネックス・LINEの4つをそれぞれ用途別に使い分けています。

投資信託(つみたてNISA)を活用する場合

投資信託を購入する場合、つみたてNISA口座での購入を検討する人も多いかと思います。

つみたてNISA口座で購入できる銘柄は下記表に記載した2つのどちらかを選んでおけば間違いないかなと思います。

信託報酬は最安値なのでこのあたりがよいですね。

僕もeMAXIS Slim米国株式(S&P500)を楽天証券の口座で積み立てています。

銘柄名信託報酬購入可能なおすすめネット証券
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)0.0968%楽天・SBI・マネックス証券
※特定口座でならLINE証券も可
SBI・V・S&P500インデックス・ファンド0.0938%SBI証券マネックス証券
つみたてNISAで買える主なS&P500に投資できる投資信託

僕はメイン口座を楽天にしていて後からSBI証券の口座を開いたのですが、SBI証券メインだったらSBI・V・S&P500 インデックス・ファンドを購入していたと思います。

マネックス証券でも購入可能なので、楽天・SBI・マネックス当たりの総合ネット証券から購入するのがおすすめ。

つみたてNISAではなく、特定口座で投資する場合ならeMAXIS Slim 米国株式をLINE証券で購入することも可能。

このあたりはご自身の好みや現在使っている証券会社など加味しながら選んでみてください。

ETFを活用する場合

S&P500に連動するETFは下記4つをピックアップしました。

銘柄名(ティッカー)取引通貨経費率 購入可能なおすすめネット証券
MAXIS米国株式(S&P500)
上場投信(2558)
0.078%SBI証券・楽天証券・
マネックス証券
iシェアーズS&P500
米国株ETF(1655)
0.075%SBI証券・楽天証券・
マネックス証券
バンガード・S&P500ETF
(VOO)
米ドル0.03%SBI証券・楽天証券・
マネックス証券
SPDR S&P 500 ETF
(SPY)
米ドル 0.09%SBI証券・楽天証券・
マネックス証券
S&P500に連動するETF

個人的には円よりも米ドルがおすすめ。

日本円は日本人なら他の国の通貨よりもたくさん持っていると思うので通貨でリスクヘッジしておくのも良いかなと思います。

僕としては米ドルでの投資で経費率の低いVOOがおすすめです!

NASDAQ100に投資できる金融商品は?

NASDAQ100もS&P500同様、投資信託とETFに分けて紹介します。

しかし、

NASDAQ100は2021年9月時点ではつみたてNISA口座で購入できません!

ので注意が必要です。

投資信託を活用する場合

つみたてNISAで購入可能な投資信託はありませんが、下記あたりが投資信託の候補になります。

NISA口座であれば購入可能なのでNISA口座を利用している方はその中で購入してみてもよいかもしれません。

iFreeレバレッジNASDAQ100のみレバレッジ商品のため他よりも信託報酬が高くより大きな変動をするのでリスクが高い商品であるので注意が必要です。

銘柄名信託報酬購入可能なおすすめネット証券
iFreeNEXT NASDAQ100 インデックス0.495%SBI証券・楽天証券・
マネックス証券
NZAM・ベータ NASDAQ1000.44% SBI証券・楽天証券・
マネックス証券
eMAXIS NASDAQ100 インデックス0.44% SBI証券・楽天証券・
マネックス証券
iFreeレバレッジNASDAQ1000.99% SBI証券・楽天証券・
マネックス証券・LINE証券
NASDAQ100に投資できる主な投資信託

ETFを活用する場合

個人的にはQQQでの購入がおすすめ。

こちらもやはり米ドルで積み立てて配当も米ドルで受け取れるQQQに投資しておくと通貨としての分散もできるので良いかなと思います。

銘柄名(ティッカー)信託報酬購入可能なおすすめネット証券
上場インデックスファンド米国株式
(NASDAQ100)為替ヘッジなし(2568)
0.275%SBI証券・楽天証券・
マネックス証券
上場インデックスファンド米国株式
(NASDAQ100)為替ヘッジあり(2569)
0.275% SBI証券・楽天証券・
マネックス証券
インベスコ QQQトラスト・シリーズ1(QQQ)0.2% SBI証券・楽天証券・
マネックス証券
NASDAQ100に投資できるETF

S&P500とNASDAQ100どちらを買うべきか

どちらも米国を代表する指数でS&P500とNASDAQ100のどちらを買うべきなのかという議論になります。

僕はS&P500の投資信託で毎月積み立てをしていて長期保有を前提にしているので20年程は何もない限り積み立て続ける予定!

です。

S&P500の方がアメリカ全体に幅広く投資されており中長期的に見てリスクが小さいという判断です。

しかし、両方持っている人もいます。

NASDAQ100はテック系企業や新興企業にも投資できる魅力的な投資先でここ10年くらいはNASDAQ100の方が好調に推移しています。

前述したFAANGMの成長性を信じて投資したい人はNASDAQ100に連動する投資信託・ETFがおすすめ。

僕も最低でも5年くらいはこのあたりが世界の上位にいることは間違いないと思っているので購入しておこうかと考えてます。

ただ、米国ばかりに投資しておくのも個人的には好きではないです。

僕の投資全体のポートフォリオが米国比率が高くなりすぎないようにはしたいと考えてます。

僕はあまり短期投資はやらないのですがNASDAQ100の方が短期での売買には向いていると思うので短期投資を行い人もNASDAQ100には注目ですね。

どちらを買うべきかに対しての意見
よりリスクが少なく米国全体に幅広く投資したい人⇒S&P500
FAANGMやZOOMなどの新興企業などを早い段階で取り組んでくれる指標に投資したい人⇒NASDAQ100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です