投資初心者のための入門書『はじめての人のための3000円投資生活』を読んでを積み立て投資を始めてみた結果【実績公開】

初めての人のための3000円投資生活

投資信託って最近よく聞くけど分からない、、

という方も多いのでは?

僕も、はじめ投資信託というのがどういう投資商品で調べてみるとたくさんの商品があり

どれを買えばよいのだろう。。

とかなり悩みました。

そんな時に手に取って読んでみたのが『はじめての人のための3000円投資生活』です。

本書がおすすめな人は

はじめての人のための3000円投資生活がおすすめな人

・投資を始めたいけど何から始めればよいかわからない人
・貯蓄だけでは将来が不安な人
・投資信託を始めてみたいけどどんな銘柄を購入してよいかわからない人

です。

おすすめな証券会社も紹介されているので、

まさにこれから証券口座を開設したい投資初心者に最適な本

になっています。

本書の中でお勧めされている世界経済インデックスファンドへの投資を2019年4月に申し込みをして第一回目の投資開始を2019年6月に設定しました。

この記事ではこの本の概要や良さ、実際に積み立て投資をし始めた結果についても更新していきます。

『はじめての人のための3000円投資生活』の概要とポイント

この本は

コツコツ投資+毎月の貯金で効率よく無理せずお金をためていく

事をおすすめしているのが基本的な内容になります。

いきなり投資しろというわけではなく、

支出を見直し余ったお金で貯蓄と投資をバランスよく進めていくものになるので投資初心者におすすめ

です。

この本のポイントを3つにまとめてみました。

収支から逆算して無理のない貯蓄・投資を行う

この本を書かれた著者は家計再生コンサルタントの方であるため、無理な投資や貯蓄をおすすめしているわけではありません。

収入の使い方を消費・浪費・投資・貯蓄でしっかりと割合を決めてからにしようということを謳っています。

きっちりとお金の使い方を初めに決めておくことによってどこにどれだけ使うのかお金を使う基準が明確になるので、ムダ金を使わなくて済みます。

貯金の金額は月収の7.5か月分を用意しておこう

ということも推奨されています。

いざというときに使えるお金がないと急に大きなお金が必要になった時に貯金がないと困ってしまいます。

現在、この貯金額が無い人は、自分自身に何かあった時のために、これくらいは一旦お金を貯めることを目標に置きましょう。

お金を増やす手段は投資だけではないことを教えてくれる

貯蓄を増やすための手段は何も投資だけではありません。

本書では、前述したように貯蓄と投資を並行して貯金を貯めようという内容であるので、消費行動にも言及されています。

例えば、

格安スマホに乗り換えることやふるさと納税で返礼品をもらうことなどで生活費を抑えることも貯蓄を増やすための手段

ですし、まずは無駄なコストを抑えることが貯蓄を増やすことの第一歩です。

ここをしっかりやることで投資に必要な資金もできてきます。

投資をする上で気になるポイントや注意点が簡潔で分かりやすい

初めて投資をすることを検討すると気になることが多々あると思います。

この本では初心者が気になるポイントを29個のトピックに分けてそれぞれ初心者でもわかりやすいようにやさしくまとめてくれています。

例えば、トピックされているポイントや注意点は下記です。

本書に記載されているポイントや注意点の例

・「何のためにお金を貯めるのか」をはっきりさせよう
・「一時的な価格変動」に振り回されるな
金融機関でおすすめされている投資商品は絶対に買ってはいけない

投資を始めるために考えておくべきことや投資を始めた後に起こる悩みなどについてひとつひとつ丁寧に解説してくれているので初心者でも理解しやすい内容になっています。

本書でおすすめされている4つの証券と僕が楽天を選んだ理由

本書ではネット証券4社(楽天証券、SBI証券マネックス証券カブドットコム証券)がおすすめされていますが、僕は楽天証券を選びました。

それぞれの証券について下記のように紹介されています。

証券会社名概要
SBI証券商品が豊富で、売買手数料が全体的に安く、ネット証券の中では口座数も多い
楽天証券楽天銀行の口座と連携させれば様々なメリットがあり、楽天市場などで使えるポイントももらえる
マネックス証券30万円以下の取引なら、SBI証券や楽天証券よりも売買手数料が安いが、30万円を超えると、高くなる
カブドットコム証券一般口座であれば、即日口座開設が可能。経営母体が三菱UFJファイナンシャルグループなので、安心感がある
はじめての人のための3000円投資生活より抜粋

僕が楽天証券を選んだ理由を下記にまとめました。

楽天証券を選んだ理由

・楽天カードで貯まったポイントを投資可能
・つみたて投資で100円につき1ポイントゲット
・手数料が安い
・投資信託の銘柄が多いため、今後増やしていきたい時に選択肢が多い
・投資信託を50万以上保有していると毎月ポイント還元(50ポイント~)
・投資を学ぶための初心者向けコンテンツが豊富

毎月の積立100円ごとに1ポイントたまりますし、そのポイントを使って投資もできます。

また、

楽天証券口座でポイント投資をすると、楽天市場での商品購入時のポイントが1倍

になるので楽天市場をよく利用する方には楽天証券がおすすめです。

しかし、外国株の購入も今後視野に入れていきたいという事であれば、SBI証券の方が外国株の国数が多かったりするので、それぞれのメリット・デメリットを考えながら証券口座を選びましょう!

本書のおすすめ投資信託『世界経済インデックスファンド』の特徴と運用実績

本書でおすすめされている投資信託『世界経済インデックスファンド』の特徴を調べてみました。

また、実際に購入してみたのでその運用実績についても公開したいと思います。

世界経済インデックスファンドの特徴

世界経済インデックスファンドの投資割合※2021年2月末現在※
世界経済インデックスファンドの投資割合※2021年2月末現在※

上記の画像を見ていただくとわかりますが、

世界経済インデックスファンドは上記先進国や新興国、日本国内の株式と債券を上記のバランスで組み入れている投資信託

です。

三井住友信託銀行によると世界経済インデックスファンドについて下記のような説明がされています。

『 国内、先進国および新興国の公社債および株式(DR(預託証券)を含みます)に分散投資することでリスクの低減をはかり、投資信託財産の中長期的な成長を目指す』ものになります。

三井住友信銀行『世界経済インデックスファンド』

僕がこの投資信託を購入した理由としては、

世界中の様々な市場に投資していてそれぞれの市場動向についての説明が分かりやすい

と思ったからです。

下記、2021年4月30日に出された月次レポートの国内債券インデックスの市場動向です。

世界経済インデックスファンドの国内債券の市場動向※2021年4月30日現在※
世界経済インデックスファンドの国内債券の市場動向※2021年4月30日現在※

市場動向に書かれている内容は世に出ているニュースとリンクすることも多々あります。

市場動向とニュースを照らし合わせながら、世の中で起きたことと株価や債券への影響について知ることができ経済の勉強になります。

個人的には米国株や日本株などの単元株にも手を出していきたいので、市場動向をざっくりと月次レポートから学んでいくのも良いなと思ったのが世界経済インデックスファンドの購入を決めたひとつの理由でもあります。

運用実績【2019年6月~2021年5月】

僕は、毎月3,000円を2年間積み立ててみました。

その結果、13,383円の利益が出ています!

世界経済インデックスファンドの運用実績【2019年6月~2021年5月】

買ったタイミングがかなり良かったので今後どう動いていくかはわかりませんが、初めて購入した投資信託にしては今のところ成功しているなという印象です。

とはいえ、定額つみたて投資で購入している投資信託は長い目で見ていく必要があります。

この結果をどう受け止めるかは個人の自由ですが、

今後の値動きによってはマイナスに転じる可能性もあるので中長期的な視点で投資信託を購入していくこと

をお勧めします。

本書でも記載のある通り、貯蓄が一定あっての投資なので無理ない範囲で始めてみましょう!

『はじめての人のための3000円投資生活』は投資初心者の入門書

『はじめての人のための3000円投資生活』は投資初心者の入門書

やってみて初めて分かることも多く、投資も例外ではありません。

はじめての人のための3000円投資生活は

将来の不安に対してのひとつの解決策である投資に足を踏み入れるための入門書

になっています。

損しても良いくらいの金額から始めることで投資信託の概要を徐々に知ることができ、他にはどんな投資信託があるのかがどんどん分かってきます。

勉強もかねてまず少額で投資してみるとどんどん理解が深まりまります。

まずは怖がらず、少額で投資信託を購入してみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です