投資初心者はまず少額から始めてみよう!少額でできる投資方法5つ

投資初心者は少額投資から始めてみよう

投資をこれから始めようと思っても初心者はどれだけ調べてもなかなかその情報をうまく比較することができなかったりやったことが無い事なのでうまく実際の投資をしているイメージが湧かなかったりすると思います。

そういう時は、思い切って一度やってみましょう。

まずは、リスクが少なくなくなってもいいような少額の金額で初めて見ると、実際の投資に対する考え方や見方が変わったり実際のことが分かってきたりします。

投資初心者はまず少額で初めて見て投資がどんなものかを実感値で知ろう

やったことのないスポーツでもやってみたら内容やルールが分かってきた李楽しくなったりするものです。

投資も同じでやったことがないものなのでとっつきにくい感じがしますが、実際に少額で初めて見ると理解ができてきたり、実際にやっていくことで調べた情報がこういうことなのかというのが単なる知識から経験が伴って理解が進みます。

いろいろ考えたり調べたり人から聞くことも重要ですが、百聞は一見に如かずという言葉もありますので、情報を得るのはそこそこにして実際に少額でやってみましょう。

少額で始められるものは普段の飲み会を1回断ったくらいの金額で全然いけます。

逆に初心者なのに一気にお金をつぎ込んで投資をしてしまうのは危険です。

投資にはギャンブルのような一面もあると思っていて一気に突っ込んで一気にお金が無くなってしまうと次は行けるんじゃないかとまたお金をつぎ込んでしまったりするので、少額でちょっとずつ焦らずゆっくりやっていきましょう。

100円~5万円以内の少額でできる投資方法5つ

100円から5万円以内でできる少額投資の方法を5つ紹介します。

僕も投資を始めたときは何から始めていいのか、何を知っているべきなのか分からず不安でしたが、投資を始めてから少しずつ理解できるようになってきましたし、投資の本を読んでもやっと実感値で言っていることが理解できるようになってきました。

各投資の特徴をかんたんにつかんでまずは少額投資をしてみましょう。

少額投資できるアプリ

今はアプリで投資できるものがたくさんあります。

少額で投資を始められるものも多いのでいろいろ見てみてください。

アプリはスマホに入れておけるので電車に乗っている時間や仕事の休憩時間に確認できるのでサラリーマン向きの投資方法かなと思います。

アプリにも様々あるので自分にあったものをいろいろ見て選んでみましょう。

おつり投資で有名なトラノコやロボアドバイザーのTHEO、1,000円から株を購入できるワンタップバイの日本株・米国株など投資ができるアプリはほかにも複数あるのでいろいろ探してみてください。

10万円からできるものでかんたんな質問に答えて運用プランをアドバイスしてくれるWealthNaviやテーマを選んで投資を行うFOLIOなども有名ですね。

少額投資できる株を探して買う

5万円以内で購入可能な株はけっこうあります。

10万円まで広げると購入できる幅も広がります。

初心者はまずは優待で何がもらえるかとか配当がどんなものがもらえるかみたいなのを気にして買ってみたり、自分が好きだったりよく使う商品やサービスを持っている企業の株を買ってみると優待でお得になるかもしれないので探してみると良いと思います。

規定数の株を持っていると株主総会にもいけるようになるので、事業説明を聞きに行ってみたりほかの株主がどんな質問をしているのかとかも見に行ってみると面白いかもしれません。

少額投資できる投資信託

投資信託という投資の種類がありますが、こちらも少額投資ができるもののひとつです。

投資信託は下記の様に説明がされています。

一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。
「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。

一般社団法人 投資信託協会『投資信託とは?』

僕は投資信託を3種類の投資信託銘柄を2,500~3,000円に分けて投資しています。

投資の運用結果も不定期ではありますが更新しているのでもしよければ見てみてください。

投資信託については様々な本が出ていますが、初心者で少額投資を勉強し実際に実行に移すのであれば下記の本が参考になりますのでよければ読んでみてください。

僕もこの本を読んで投資信託を少額から購入し始めました。

この本を読んで実際に投資をし始めていて、この本に書かれている銘柄を買った投資実績についても不定期ですがアップしているのでもしよければこちらの記事も読んでみてください。

iDeCo( 個人型確定拠出年金)

iDeCoの説明をiDeCoの公式ページから引用させていただきます。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度です。この制度への加入は任意で、ご自分で申し込み、ご自分で掛金を拠出し、自らが運用方法を選び、掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受けることができます。また、掛金、運用益、そして給付を受け取る時には、税制上の優遇措置が講じられています

iDeCo公式サイト『 iDeCoってなに?』

自分で運用する銘柄を選んで60歳以降で年金のような形でもらえる制度のことで、掛け金が全額所得控除の対象となるので、税金が戻ってくることをかんげるとお得な制度ですが、60歳以降まで引き落とせないというようなデメリットと銘柄によっては元本割れの可能性があるのでマイナスになる可能性もあります。

選ぶ銘柄によっては元本保証のものもあるので、元本保証のものとリスクを取ったものなどを折りませて行くといい感じに運用ができるんじゃないかなと思います。

iDeCoに関して簡単な説明で詳しく知りたい方は下記のような本を読んでみることをお勧めします。

ビットコイン

ビットコインは投機であって投資ではないという意見もあるようですが、僕はビットコインは長期的な視点を持った投資だと思います。

自国の通貨の価値が下がったときにビットコインにお金を変えるような人も少なからずいたようなこともありますし、仮想通貨のマイニングによる電力消費が減るようになってこれば決済できる場所も増えてくると価値も上がってくるかもしれません。

そこは予測できない部分ではありますが、仮想通貨は長期的に見て様々な可能性を秘めているのでちょこちょこ少額で購入しておくのも悪くないかなと思います。

ビットコインについてよくわからない方は下記の本がかんたんに説明されていておすすめです。

ビットコインはブロックチェーンという技術で成り立っているので、技術の話と一緒に読むとビットコインの理解がより深まるのではと思います。

投資を怖がらず、まずは少額で始めてみよう!

初めて体験するものは分からないことが多くて不安もつきものですが、少額でなくなっても痛くないものであれば勉強代だと思ってやってみましょう。

実際にやってみて上記で紹介した本の内容がやっと実感値で理解できるようになり、ほかに何を理解しておけばよいのかやもっと知っておいたほうが良い事などがだんだんと見えてきます。

まずは怖がらずに自分の気に入ったもので少額で投資をはじめてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です