アドネットワークのメリット・デメリットは?使い方も解説!

アドネットワークとは
アドネットワークとは

アドネットワークに利用にどのようなメリット、またはデメリットがあるのかや利用方法などについて、インターネット広告代理店で5年程働いている僕が解説します。

この記事の想定読者

①インターネット広告を利用しているけどアドネットワークって何?ってなってる人
②アドネットワークは知っているけど、使い道があまり理解できていない人

③アドネットワークのメリット・デメリットや注意点を知りたい人

複数の配信先に一元で配信が可能なアドネットワークとは?

まず、メリット・デメリットを話す前に、そもそもアドネットワークとは一体なんなのかについて説明していきます。

デジタルマーケティングのノウハウをまとめた、マーケティング情報サイト「Digital Marketing Lab」には下記のように説明がありました。

2008年頃から出てきた、広告媒体のWebサイトを多数集めて「広告配信ネットワーク」を形成し、多数のWebサイト上で広告を配信する広告配信手法

DiditalMarketingLab「アドネットワークの仕組みと特徴」

アドネットワークがない時代は広告を掲載したいメディアに対して一つ一つ連絡をしなければならず管理も煩雑になっていました。

自社のサービスにあったウェブサイトをひとつひとつピックアップするのも大変です。

たくさんの広告配信先ウェブメディアやアプリを一括で管理できてなおかつひとつひとつ営業に行かなくてもよくなったメリットは相当大きいです。

また、課金方法もアドネットワークだと一律になっているので、

この配信先はCPC支払いしてこれはCPMで、、クリエイティブはこれを使って、、、

とかひとつひとつやる必要もありません。

アドネットワークに問い合わせれば配信したいカテゴリのメディアを伝えればそれをリストとして持っているのでそこに向けて一斉に配信が可能。

管理画面でどのメディアでどれくらいImpが出てどれくらいCVが発生したのかみたいなところを一元管理することができます。

アドネットワーク利用のメリット

様々なメディアに一括で出稿し多くのユーザーにリーチできる

アドネットワークはかんたんに言えば配信先メディアを束ねたもの。

様々なメディアに対して一括で入札をすることができ、出したいメディアに対して一気に広告を出稿し多くのユーザーに広告を表示することが可能になります。

予算や入札なども比較的自由にコントロールができますし、近年は配信目的に合わせて自動最適化がかかるので予算設定とクリエイティブ入稿すれば最低限の広告出稿準備ができたりします。

特定のカテゴリやターゲットに絞って配信ができる

どのアドネットワークに出稿するかにもよりますが、主要と言われるGDN(Google Display Network)とYDA(Yahoo! Display Ads)などでは彼らが保有する膨大なデータを元に様々な興味関心を持つユーザーにリーチ可能。

運営しているサービスや商品の特性に合わせてターゲティングを工夫してみるとよりよい効果を得られる可能性があります。

媒体によっては曜日や日時、地域など細やかな指定ができる

媒体によってどの程度の粒度でできるかはことなりますが、曜日や時間、地域などを配信制御することが可能。

そのため、例えば特定の地域でしか展開していないサービスの場合でも基本的にはIPアドレス情報などを取得しながらユーザーのいる地域を特定し、対象地域のみに配信が可能となります。

データ取得制限が厳しくなっている昨今なので精度が徐々に落ちていくことも想定されますが、現段階ではある程度利用できますよ。

クリエイティブ・配信面別の効果を可視化できる

アドネットワーク出稿と同時に考えられる配信媒体としてDSP(Demand side Platform)と呼ばれる媒体があります。

DSPはSSP(Supply Side Platform)と呼ばれ、DSPは広告主側に寄り添ったプラットフォーム、SSPはメディア側に寄り添ったプラットフォームです。

DSP経由でSSPに出稿するのですが、DSPはあるSSPに対して出稿していますが、SSPの中身のどんなメディアにどれだけ配信されているのかを把握できていない場合があります。

また、RTB市場で膨大な取引が様々なメディアに対して行われており配信面の効果を可視化できない場合がしばしばあります。

その点、アドネットワークは基本的にはどのメディアにどれくらい出稿されているのかを管理しているので配信面別にどの程度のインプレッションやコンバージョンがついたかを把握できます。

しかし、DSPは様々なSSPとつながっておりそれだけ買付在庫が豊富なのでそちらの方が配信量が多くできリーチ数を確保できる場合もあります。

このあたりは目的に沿って選ぶとよいでしょう。

利用する際のデメリット・注意点

大量のメディアひとつひとつを確認するのは大変で意図しない配信先に配信される可能性

アドネットワークはすべての配信メディアでの効果状況を可視化できると前述しました。

しかし、実際には

1,000以上のメディアに対して配信することも多く、すべてのメディアをひとつひとつ確認していくのは大変・・・

です。

近年、アダルトサイトや2chへの配信除外などカテゴリ単位で除外できる場合が多いです。

しかし、すべてを完璧に除外できているわけではありません。

一例として、新興メディアがしっかりカテゴライズされておらず突然意図しないメディアに出ていることもあります。

このあたりはしっかりアドネットワーク事業者の営業と認識のすり合わせを行いある程度回避できます。

気になる人はメディアリストをCSVなどで見ることも可能なのでひとつひとつググってみる事が必要です。

メディアサイドが不正をしている可能性

メディアサイドがインプレッションを無理やり増やしたりクリックを誘発するような不正を行っている場合があります。

こういうのをアドフラウドと呼んだりしますが、こういったメディアへの配信を防ぐために各社対策を行っています。

アドベリフィケーション推進協議会が2018年に行ったインターネット広告の価値毀損に関する調査レポートによると、アドネットワークのアドフラウド率は2.27%となっています。

アドベリフィケーション推進協議会調査レポートより抜粋

ひとつひとつメディアを選定している場合が多いアドネットワークだとしてもアドフラウドの可能性があるということです。

例えば、アドネットワークとして老舗のi-mobileはHPには下記のような記載があります。

外部機関と協業しアドフラウド対策を強化。機械によるボットクリックやIPのなりすましなどを行う不正メディアに対し対策を行っています。

i-mobileのHP

外部機関というのがどこなのかについての記載がありませんでしたが、問い合わせればどの外部機関のアドベリフィケーション対策ツールを利用しているのか教えてくれると思います。

配信したくないメディアへの除外なども可能なので必要に応じて検討しましょう

やりたい事によっては複数の媒体社を活用する必要がある

各アドネットワーク事業者には保有しているメディアに違いがあります。

Yahoo!は当然Yahoo!が保有しているメディアに強みを持っています。

個人的に、アドネットワークのnendさんは昔からゲームを収益化するためのメディアに強い印象です。

各媒体において保有しているメディアに違いがあるのでメディアの違いに応じて複数媒体を使い分ける必要が出てきます。

媒体毎の特性が異なるため多くの情報を仕入れ運用する必要がある

複数のアドネットワークを運用する場合、GDNやYDAと言った媒体は自分で運用する必要が出てきます。

どんな設定にすべきなのかやどんなクリエイティブサイズをどんな規定で用意する必要があるのかなどを常に情報収集することが必要です。

面倒なときはネット広告代理店に頼むのも手ですが、少額の場合てきとうな対応をされる可能性もあるので代理店選定には注意が必要です。

一括と言ってもSNSメディアには出稿されないことも多い

facebookやTwitterなどの大型SNSには基本的にはアドネットワーク経由からの出稿がありません。

また、これは余談ですが、彼ら自身がオーディエンスネットワークと呼ばれるネットワークを保持していたりします。

彼らは彼ら独自の広告配信プラットフォームを所持しているので、facebookやTwitterを運用していくことが必要になります。

どのメディアにどんな特性があるのかを把握したうえで複数のネット広告配信媒体を使い分ける必要があります。

アドネットワークはその中のひとつの選択肢でしかないことを理解して選択肢を考えましょう!

どんな時にアドネットワークを使うべきか

使い道は大きく分けると3つです。

特定のユーザー層がいるメディアに配信して認知やユーザー獲得を狙いたい時

現在、様々なテーマを持ったメディアが世の中にたくさんあります。

それぞれのメディアが独自の広告形態を持っていますが、ひとつひとつ開拓するのは手間がかかりますし、基本的にImp保証で1つのメディアにつき最低でも50万円は見積もらなければなりません。

しかし、アドネットワークに頼めば配信したいユーザー層のメディアに対して一括で配信することができます。

クリック単価も調整できるためどれくらいのユーザー数を獲得したいか目標と予算の兼ね合いを見ながらが調整可能です。

一度サイトに訪れたユーザーを漏れなく再来訪させ、購入につなげたいとき

ほとんどのアドネットワークにはリターゲティング機能が備わっています。

この機能を利用すれば、一度来訪したユーザーに対して再度自社サイトへの再来訪を促すことが可能です。

また、cookieの保持期間を利用することで例えば、30日前~60日以内に来訪したユーザーのみに配信することが可能な媒体もあります。

現在、ダイナミックリターゲティングのような、各ユーザーにマッチした広告を出すことも可能ですが、ダイナミックリターゲティング広告に出稿するだけでは全てのユーザーにリーチできません。

メディアは数千、数万とあるのでそこに対応できない場合もあります。

また、直接セールの情報を伝えたいときはアドネットワークの方が便利です。

一度来てくれたけど、

また今度見ようかな。

とか

ちょっと高いし検討しようかな

と思っているユーザーに対してセール情報をもう一度見せてあげることで、

あっ、この間見てたサイトセールやってるし、一回買ってみようかな?

となることも想像できるでしょう。

一度、特定のオーディエンスにリーチした後にリターゲティングタグを活用することで再度広告配信を行いユーザーの関心を高めていくことも可能です。

これをすることによって商品・サービスへの理解が高まり、コンバージョン率が高まる可能性もあります。

リターゲティングに関しては下記記事にも書いてあるので、興味があればこちらも参照してみてください。

媒体独自のターゲティングを活用して特定のオーディエンスにリーチしたい時

アドネットワークといっても様々な媒体がありますが、特定のオーディエンスにターゲティングしたい場合はGDN・YDAあたりかなと思います。

■GDNとは
Google Display Networkの略。Googleが提供するアドネットワークで詳しい説明は下記。
https://support.google.com/google-ads/answer/2404190?hl=ja

■YDAとは
Yahoo! Display Adsの略。Yahooが提供するアドネットワークで詳しい説明は下記。
https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/displayads/

GoogleもYahooも独自で検索データやサイト閲覧データなど様々なデータを保有しているのでそれらの情報から、年齢・性別・興味関心・購買情報など様々なデータを保有しています。

これらのデータを使うことで自分たちが広告を見てもらいたいユーザーに適切にリーチすることが可能です。

注意点としては下記です。

①年齢・性別・興味関心などを掛け合わせすぎると配信対象が狭くなり入札が高くなる可能性
②様々なオーディエンスデータを使っているからと言って精度は100%ではないので、20代に設定しても10代や30代にもリーチされる可能性

特にGoogleに関しては媒体の最適化が優れているので、ターゲティングをしなくても、キャンペーンの目的に合わせて最適化してくれるのでコンバージョンに最適化していれば効果が合う場合もあります。

このあたりは実際に配信してみたり、キャンペーンの目的によっても異なるので検証していく必要があるかなと思います。

様々なネット広告媒体の特徴を抑えて適切に選定しよう!

アドネットワークのメリットや使い道に関して記載をさせて頂きました。

アドネットワークの使い道はなかなかわかりづらいところもあるかもしれませんが、要点を抑えておけば自社メディアやECサイト、アプリの成長にとって有益なものになることは間違えありません。

3つの使い道を書かせていただきましたが、併用することも重要です。

また、インターネット広告の種類はアドネットワークだけでなく、検索連動型広告やSNS広告、少し記載したDSPなど様々な種類があります。

それぞれの特徴を理解したうえで、媒体を選定していく必要があります。

下記記事で様々なネット広告の種類などをわかりやすく書いた書籍を紹介しているのでよければこちらも読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です